関西本線(加太越え)のD51

関西本線 1292レ D51934[奈] 加太 73年2月15日

加太駅を発車する貨物列車。上り列車でも発車するときは、盛大に煙を吐く。2本並んだ腕木式の信号機が懐かしい。



関西本線 6783レ後補機 D51885[奈] 加太 73年2月15日

この時点で草津線の貨物本務機は、DL化(DD51)されていたが、後補機はD51のまま残っていた。長い急勾配に備えてダッシュするD51。



関西本線 荷41レ D51 加太〜中在家(信) 73年2月15日

今はもう見ることの出来ない小荷物輸送専用の荷物列車。荷物車(客車)だけを連結した編成は、古き良き国鉄時代の趣がある。



関西本線 261レ D51831[奈] 後補機D51 加太〜中在家(信) 73年2月15日

後補機付の貨物列車であるが、本務機の煙が風に流されて、後ろ半分を覆い隠してしまったが、かすかに後補機の煙が見える。



関西本線 788レ 本務機D51 後補機D51934[奈] 加太〜中在家(信) 72年2月17日

上り列車は、絶気で築堤を下っていく。煙がないので、貨物列車の編成が良くわかって、l興味深い。



関西本線 263レ D51703[竜] 加太〜中在家(信) 72年2月17日

貨物を牽いて、勾配を行くのは、D51に一番似合う姿である。



関西本線 787レ D51800[亀]及び後補機D51 加太〜中在家(信) 72年2月17日

築堤よりも東(加太駅寄り)で、撮影した草津行き貨物。カーブの外側に向けて風が吹いていたので、うまく後補機の姿を捉えることが出来た。






トップへ
戻る