猫屋敷

 
 

サイトを移転するに辺り、どうしようかと思ったんですが、そのまま載せました。

此処に居るにゃんこたちは、もう居ません。

でも、読み返して、とても懐かしく、そのまま掲載することにしました。

 

Keepin’ the Beat

猫いろいろ

 うちの家には、ニャンニャがたくさんいます。

 はじまりは、迷い込んだ一匹の猫。アメリカンショートヘアのまがい物のにゃんこです。

 その猫、チビを拾ったのがきっかけで、猫の匂いにつられるのか、どんどんどんどん猫がやってきて、今では何匹いるのか私も知りません。

 来たとき、今にも死にそうな声で鳴いていたチビは、今ではすっかり超高飛車な猫になってしまいました。きゅっと踵を上げて歩くその(うちの猫にしては)スレンダーな全身から、「撫でてあげられてもよくってよ」ってな雰囲気を醸し出しています。…ちょっと育て方間違ったかなと思う今日この頃です。







 ちなみに、シロという猫もいたんですけど、これが大きな白い猫でお客様の足元を、どどどっと駆け抜けるたび、「今のは牛!?」と聞かれてました。大きいのも大きいけど、配色がもう牛だった。


 うちの猫たちは、みんな巨大化する傾向にありますが、今、一番大きいのはこの「トトロ」。図体の割に恥ずかしがりやなので、なかなかいい構図で写真が撮れないんでおわかりになりずらいでしょうが、昔テレビに出て賞金もらってた巨大猫より大きいです。ぱっと見たとき、みんな猫だと思わないみたいで、狸か妖怪の一種だと思うみたいです。

 でも、うちで一番気が小さくて、弱いです。仔猫を見ても駆け出していく、熊のような後姿がとってもプリチーです。



カメラから逃げていくトトロ


逃げ延びたと思って安心しているトトロ

 あと人を見ると小首をかしげる仔猫とかもいるんですけど、なかなかいいショットで撮れないので、続きはまたの機会ということで。




 

私の行く先々で転がって「撫でろ」攻撃をする中ネコその1(彼女たちには名前がない。中くらいのネコその1、その2、その3がいる)