大穴ペガサスは、平成25年12月をもって廃部になりました。


部員、グラウンド、スタッフの一部は、
平成26年1月より、スリーアローズに合流しました。

スリーアローズのHPへGO!
旧大穴ペガサスのHPへ
旧北部支部情報のページへ
船橋JSCリーグのページへ

〜お世話になった方々へ〜

大穴ペガサスは平成25年末をもちまして11年間の活動に終止符を打つこととなりました。
平成15年、旧大穴少年野球連盟所属のチームが一つになって発足した大穴ペガサスは翌16年には船橋市野球協会少年学童部への加盟を
果たし、多くの皆様のお力添えを頂戴しながら今日まで100名を超える野球少年を送り出して参りました。
しかしながら最盛期には60余名を数えた部員数も、現6年生が卒団した後にはたった6名という状況になってしまいました。
その6名の子供達がそれぞれ上の学年に進級した後も良い環境で野球を続けられるためにはどうすべきか、数か月前よりスタッフ間で
協議を重ねてきた結果、縁あってスリーアローズさんに6名の選手をお預けし、現在のグランド・練習環境を維持して頂くこととなりました。
大穴ペガサスという名前が消滅してしまうこととは大変残念で心苦しいものがありますが、残った選手達のことを思えば、
それは決して間違った選択ではなかったと思っております。
6名の選手の他、私を含め8名のスタッフもスリーアローズの1員として引き続き少年野球に携わってまいります。
また2面の通称「大穴グランド」は「アローズグランド」に改称させて頂き、これからも多くの少年野球選手を育んでくれることでしょう。
暗中模索でチームを立ち上げてから今日まで大きな事故もなくチームを維持してこれたのも、思い起こせば多くの方々の
ご協力やご厚誼のお蔭であったと改めて御礼を申し上げる次第です。
11年間本当にありがとうございました。
引き続きスリーアローズに対しましても尚一層のご厚誼をお願い申し上げます。

平成25年12月
大穴ペガサス代表
阿部 和久