○私たちは「病人」や、「障害者」である前に人間です。
一人の人間として、あたりまえに自分の住みたい地域で生活できるように、当事者同士があつまり、情報交換をしたり、お互いの相談にのっています。

○生活の視点を大切に
難病や病人としてくくられると、医療の対象としてしか、みられないことも多くあります。確かに医療は大切ですが、この会では医療のことだけでなく、私たちの生活のこと、地域での自立生活(必要な支援を受けながらの自律)をみんなで実現していくために設立されました。

○疾病、障害の種別を超えて
私たちの会は行政上で決められている、難病の定義や指定されている疾病に限定していません。疾病、障害の種別を超えて、なんらかの日常生活に困難をもつ人が集まっています。また、私たちの会は、他の様々な障害をもつ仲間と共に活動をしています。共に課題に立ち向かっていくことで、大きな力になります。

電話番号が変わりました    私たちの提言
会員と入会方法    事務局日誌