竹島・硫黄島・黒島(大隅諸島)

三島フェリーターミナル

鹿児島本港・南埠頭三島フェリーターミナル

村営旅客船みしま

鹿児島本港・南埠頭に停泊する「フェリーみしま」

1. 三島村の三つの島(竹島・硫黄島・黒島)

薩摩半島から50~60km南の沖合に、三つの小島が浮かんでいる。
三つの小島とは、三島村に所属する、竹島、硫黄島、黒島のことである。
このうち竹島と硫黄島は、薩摩半島最南端の長崎鼻や、
九州最南端の佐多岬から眺めることができる。
とくに硫黄島は、海から火山が突き出したその風貌から、遠くから視認しやすい島だ。
これら竹島・硫黄島・黒島へは、村営旅客船「フェリーみしま」で鹿児島から向かうことができる。
隔日で朝、鹿児島港・南埠頭を出港して、 竹島、硫黄島、黒島の順に接岸する。
二日一往復なので、その日じゅうに鹿児島へは戻らず、黒島の片泊港での碇泊となる。
翌日の朝、黒島を出ると、硫黄島、竹島の順に接岸して、鹿児島へ戻る。
上りか下りのどちらかが隔日に運行されるので、あらかじめダイヤを調べておきたい。
近年は、夏の繁忙期に、枕崎に立ち寄よる運行ダイヤも組まれている。

三島村は戦前は十島村に属していたが、
トカラ列島が戦後アメリカに接収されたのを契機に、十島村から分離独立した。
現在は十島村と共に、役場が鹿児島市内にあるが、
役場がその自治体の土地にないのは、全国でも鹿児島県の三島村と十島村、
そして沖縄県の竹富町だけである。 ちなみに竹富町役場があるのは石垣市である。

小さな離島が集まった自治体は、拠点となる場所がその近隣の都市になってしまうが、
役場が自治体の外にあると、村職員の住民税が自治体に還元されない問題が発生する。
三島村の人口は400人余り。その半数は黒島にいて、過疎化が深刻な状況にある。
島の主な産業は畜産業で、黒毛和牛である鹿児島黒牛の生産が盛んである。

竹島

平坦で細長い竹島の素顔

ハイビスカスの咲く竹島

ハイビスカスの咲く竹島の路地裏

2. 竹島

竹島と聞くと、韓国に占領されている竹島を連想するかもしれない。
しかし、あちらは島根県の竹島で、こちらは鹿児島県の竹島でまったく別の島。
竹島の名前の由来は単純明快で、
島全体が琉球竹で覆われた「竹の島」という、それだけのことだそうだ。

竹島のそのすぐ東側には、南西諸島へ向かう航路があり、
屋久島航路や十島航路、奄美・沖縄航路を行き来するフェリーから、竹島は良く見える。
細長く、高低差のない平でなだらかな島で、
周囲は13km、人口は100人にも満たない小さな島である。
黒毛和牛の放牧が盛んで、島の東側のほとんどは放牧場になっている。

村営旅客船「フェリーみしま」が停泊する長瀬港は島の北側にあり、
長瀬港から坂を上がってすぐのところに集落はある。
真っ赤なハイビスカスが路地に咲き誇り、青い海に映えて美しい。
ふと集落の隙間から海を見つめると、はるか彼方に開聞岳が見えた。
島の南側にある籠港(こもりこう)は、垂直に切り立った崖下にあって、目が眩むばかりだ。
長瀬港が時化て使えないとき、籠港を代用するという。

竹島の西の端にある「オンボ崎」には展望台があり、そこからこの島で一番の眺望が楽しめる。
南側には屋久島と口永良部島があり、北側には薩摩半島や大隅半島が見える。
そして遠くに見える開聞岳がひときわ印象的である。
西側には噴煙を上げる鯨のような形をした硫黄島が浮かぶ。
硫黄島はもくもくと噴煙を上げ、噴煙は雲となって島の頭部を覆い隠していた。
それはまるで雲の製造工場だ。
夜にもなれば、薩摩半島の明かりがチラチラ眩たき、
長崎鼻灯台、佐多岬灯台、屋久島灯台、硫黄島灯台、黒島灯台の明かりが、交互に脈打つ。
昼間の静寂さと打って変わって
その忙しない光のイルージョンは、別天地をさまよっているかのようだ。

籠港

断崖絶壁の下にある籠港

竹島より「フェリーみしま」と開門岳を望む

開聞岳へ向かう「フェリーみしま」

ガジュマルの木

竹島の集落にある巨大ガジュマル

竹島より屋久島展望

南海岸には雲海を纏った屋久島が見える…

竹島より硫黄島展望

オンボ崎展望台から目の前に見える硫黄島

硫黄島に沈む夕日

硫黄島に沈む夕日はロマンチック

近づく硫黄岳

村営旅客船「みしま」は硫黄岳の正面を走り抜ける

海が赤い硫黄港

硫黄港は海の色が赤茶けている
背後に見えるのは「鬼界カルデラ壁」

俊寛堂

俊寛が住んでいたとされる跡地に今は俊寛堂が建つ

熊野神社

安徳天皇の三種の神器が祀られる熊野神社

平家の城跡への道

平家の城跡への道は硫黄岳が間近に迫る

3. 薩摩硫黄島

村営旅客船「フェリーみしま」 は竹島を出航すると、硫黄島に向かう。
進行方向右側には海面から突き上げる火山が迫ってくる。
硫黄島の主峰、硫黄岳だ。
定期旅客船「みしま」は噴煙を上げる荒涼とした表面の硫黄岳を通り過ぎ、
海の色が赤茶色に染まる硫黄港へ入港した。
硫黄港の海が赤いのは、近くから鉄分を含んだ温泉が湧き出しているからだという。
初めて目にすると、赤い海に強烈なインパクトを覚える。

硫黄島といえば、太平洋戦争の舞台となった火山列島の硫黄島を思い浮かべるが、
三島村にある硫黄島は、これと区別する意味で「薩摩硫黄島」と呼ばれる。
硫黄が取れることが硫黄島の名前の由来である。
「薩摩硫黄島」はまた、「鬼界島」とも呼ばれる。
これは、この場所に鬼界カルデラがあるからで、
薩摩硫黄島(鬼界島)は鬼界カルデラの外輪山にある島である。

鬼界カルデラは今からおよそ7000万年前、
恐竜のいた時代として知られる白亜紀に、大噴火を起こして誕生した。
薩摩硫黄島と竹島は、喜界カルデラの縁の外輪山上にあり、
薩摩硫黄島では外輪山のカルデラ壁を目撃することができる。
カルデラ壁は硫黄港の西側に壁のようにそそり立ち、
恋人岬と呼ばれる永良部崎から硫黄岳の北に向かって伸びる断崖である。

薩摩硫黄島には平家物語の舞台としての歴史の逸話が残されている。
ひとつは、鹿ヶ谷事件で「鬼界ケ島」に島流しにされたという僧侶の俊寛の物語。
俊寛が島流しにされたとされる「鬼界ケ島」の候補は3つあり、
ひとつは薩摩硫黄島(鬼界島)、もうひとつは奄美諸島にある喜界島、
そして最後は長崎の伊王島である。
薩摩硫黄島は、俊寛が島流しにされたとされる「鬼界ケ島」の候補の一つにすぎないが、
この島には俊寛の居住地跡とされる場所に「俊寛堂」があり、
鬼界島が火山であることが、平家物語で言及されていることから、
俊寛が流刑された場所として最も有力視されている。

もうひとつは、壇ノ浦の戦いで入水された安徳天皇にまつわる物語である。
壇ノ浦で入水したとされる安徳天皇は、実は生きていて、
この薩摩硫黄島に落ち延びたとされる伝説である。
島には安徳天皇がお住まいになられたという「黒木の御所跡」や、
三種の神器を祭ったとされる「熊野神社」がある。
それを見るにつけ、安徳天皇が硫黄島に流れ着いたという伝説が信ぴょう性を帯びる。
こんな小さな島なのに、平安時代末期の歴史が島のあちこちに垣間見れるのは面白い。

薩摩硫黄島は人口100人足らずの小さな島だが、
ヤマハリゾートが建設したという、村営の飛行場が残されている。
飛行場とホテルを建設し、孔雀を放って、南国風リゾート開発しようとしたが失敗。
ホテルは取り壊されたが、そのときの置き土産で、今なお野生化した孔雀が島に残されている。
薩摩硫黄島がリゾート開発のターゲットにされたのには訳がある。
風光明媚な風景と天然の温泉だ。

島には眺めの良い場所が数ケ所ある。
硫黄港の西にある「恋人岬」と、硫黄岳の中腹にある「硫黄岳展望台」。
「恋人岬」は喜界カルデラ壁の上にあり、硫黄港の奥に稲村岳と硫黄岳が見渡せる景勝地だ。
噴煙を上げる硫黄岳はとても迫力がある。
「硫黄岳展望台」は、硫黄島の西側一帯を一望することができる。
そしてもう一つ、島の北東の「平家の城跡」と呼ばれるところ。
壇ノ浦で敗れた平家の落人が、源氏の追討に備えて城を築いたところだとされており、
平家の城跡からは竹島が望め、目の前には硫黄岳が聳え、また、黒島も眺めることができる。

島には天然の温泉が2ケ所ある。
ひとつは島の北側にある「坂元温泉」で、もうひとつは島の南側にある「東温泉」。
どちらも海岸沿いにあり、海を眺めながら露天風呂を楽しむことができる。
ただ坂元温泉は満潮になると温泉が海に沈んでしまうため、干潮前後しか入浴できない。
一方、いつでも入浴できる、野性味あるダイナミックな東温泉は、
波の音を聞きながら、海の向こうに口永良部島が見晴らせる。
夜にもなれば、満天の星空が迎えてくれる、絶好の露天風呂である。
島に訪れたら一度は入りたい硫黄島の人気スポットだ。

平家の城跡より竹島を望む

平家の城跡から竹島を望む

平家の城跡より見上げる硫黄岳

平家の城跡から見上げる硫黄岳

平家の城跡より黒島を望む

平家の城跡からは黒島も見える

坂元温泉

坂元温泉
干潮時でないと入れない

東温泉

東温泉
正面に口永良部島が眺められる

硫黄島の集落

硫黄島の集落

黒島

薩摩黒島

大里集落

大里集落

片泊集落

片泊集落

片泊港

片泊港

4. 薩摩黒島

村営旅客船「フェリーみしま」は硫黄港を出航すると、黒島を目指す。
黒島は枕崎の沖合60kmの南西に位置し、「三島」の中で最も西にある。
周囲は20km、標高は620mの櫓岳を最高にして、
山裾が海岸まで迫っているため、黒島にはほとんど平地がない。
黒島というと、沖縄の八重山諸島にある黒島が有名だが、
黒島天主堂で知られる、長崎にある黒島を知っている人もいるかも知れない。
黒島と言っても数多くあるので「薩摩黒島」と呼ばれる。
島の主な産業は牧畜で、鹿児島黒牛の放牧が島の至る所で行われている。

黒島は有吉佐和子の小説「私は忘れない 」の舞台となり、
後に映画化され、世間に広く知られることとなった。
鹿児島から12時間離れた黒潮の真ん中に忘れられた黒島で、
人間愛と心の豊かさを植え込もうと教育に生涯をかける先生たちの姿を、
文明の中で怠惰な生活に流れる都会人に訴えようとして書かれたものだという。
「私は忘れない」の文学記念碑は大里の集落に立っている。

黒島は「三島」の中で最も人口が多く、集落も島の東と西に大里と片泊の2つがある。
定期旅客船「フェリーみしま」は、まず、島の東側の大里港に停泊する。
大里の集落は山の斜面に沿うようにあり、段丘に民家が並んでいる。
段丘に民家が立ち並び、人が暮らす様子は壮絶なものがある。
大里港を出ると、村営定期船「フェリーみしま」は、黒島の西の端にある片泊港に向かう。
黒島の西端の松ヶ崎鼻を回りこむと、片泊集落が見えてくるが、
こちらも山の斜面に這うように民家が立ち並んでいる。
黒島は本当に平地がない山だらけの島だ。

村営旅客船「フェリーみしま」は片泊港で本日の運行を終了する。
1日0.5往復なので、その日のうちに鹿児島には戻らず、翌朝、鹿児島に向けて出航する。
片泊の町は、港から七曲りの坂を上がるように続き、海抜0mから一気に130mまで上がる。
眼下を見下ろすと町と海の眺望が素晴らしい。
黒島には一周道路があるが、海岸沿いながら、海抜150m~400mという山道を走る。
断崖絶壁で眼下に海が見えると、この島がいかに山の島なのかを実感できる。
一周道路を走ると、島の南側では、「白衣観音」と呼ばれる観音様と出会う。
明治時代に枕崎のカツオ漁の漁船団が台風で遭難し、
多くの遭難者や遺体が黒島に流れ着いたという。
白衣観音は、そのときの慰霊と海上の交通安全を祈願して建てられたものだ。
島の東側を走ると、沖合に口永良部島や硫黄島、竹島、さらには開聞岳が見渡せる。
また黒島灯台の袂には黒島平和公園があり、「特攻平和観音」が立っている。
太平洋戦争時にたくさんの特攻機がこの黒島に不時着したのを島民たちが助けた。
特攻平和観音の立つ丘からは、眼下に大里集落が一望できる。
大里集落には「私は忘れない」の文学記念碑や「平等大慧会(だいえかい)」の妙塔がある。
中華風の印象的な建物は、動植物の命を供養するための塔だという。

黒島にも平家の落人伝説が残されている。
壇ノ浦の戦いで敗れた平氏は、黒島の西側にある「平家の城跡」に落ち延び暮らしたという。
その後、源氏の追討にあって敗走するが、
源氏の大庭(おおば)氏が、平家の娘を見初めて結婚し、ともに暮らすことになった。
こうして平氏の親族となった「大庭(おおば)どん」は、
いつしか訛って、エバドンと呼ばれるようになった。
「エバドンの墓」は、今も島の南側の放牧場のそばに残されている。
大里集落にある黒尾大明神社に、平家の落人は祀られている。

白衣観音

慰霊と海の安全を祈願する白衣観音像

口永良部島を遠望する

黒島からも口永良部島は遠望できる

硫黄島と竹島

島周道路の東側からは硫黄島と竹島がよく見える

黒毛和牛の放牧

黒島の至る所で放牧される黒毛和牛

黒島灯台

黒島灯台

特攻平和観音

特攻平和観音

平等大慧会妙塔

宗教法人・平等大慧会の妙塔

エバドンの墓

エバドンの墓

黒尾大明神社

大里集落にある黒尾大明神社